潤睡ハーブ


期間限定特別価格実施中!




>>潤睡ハーブ【最安値】公式通販サイトはこちら<<


安全性と体感にこだわった快眠サポートサプリです。

布団に入っても眠りにつくことができない、眠りについても中途半端な時間に目が覚めてしまうなどの症状が辛い不眠症。

 

 

日々の仕事や生活で疲れた体は質の良い睡眠をとることで回復できるため、不眠症になると毎日体がだるく感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな症状を改善するために現在はさまざまなメーカーから不眠症対策のサプリメントや栄養剤が販売されていますが、そのうちの一つに潤睡ハーブというものがあります。

 

 

口コミでも高評価な睡眠サプリメントの潤睡ハーブですが、配合されている成分や効果、効能などに関して気になるところです。

 

 

そこで、今回は休息サプリメントとも呼ばれる潤睡ハーブをさまざまな角度から紹介してみたいと思います。不眠で悩む方は注目です。

 

潤睡ハーブにはどのような成分が配合されている?

 

寝付きが悪い、不眠症の疑いがある方などに効果があるとされている潤睡ハーブ。

 

 

ここではまず潤睡ハーブに配合されている、成分や栄養素を一つずつ紹介していきどのようにして不眠体質を改善させているのかを解説したいと思います。

 

 

クロレラ

 

クロレラは淡水に生息する緑藻の一種となります。

 

 

このクロレラは実は人間が生きていく上では欠かすことのできない栄養素を全て持っているともいわれています。

 

 

例えば、私たち人間の体を構成するのに必要となるタンパク質は20種類のアミノ酸で作られていますが、そのうち体内で作ることができないアミノ酸は9種類です。

 

 

この9種類のアミノ酸は必須アミノ酸とも呼ばれており、人間の体内で形成されないため意識的に食事から摂取する必要がありますが、このクロレラには必須アミノ酸の全てを含み、ほかのアミノ酸も豊富に含んでいることが確認されています。

 

 

このアミノ酸は不眠を解消するのにも実は大切な成分。

 

 

これはアミノ酸をバランス良く摂取することで、睡眠ホルモンという物質の働きを活性化させることが可能となるためです。

 

 

睡眠ホルモンとはその名の通り、睡眠のリズムを安定させ深く、そして質の良い睡眠を可能とするホルモンのことです。

 

 

これはアミノ酸の一種でもあるグリシンというものが睡眠の質を高めているのではないかとされていますが、実際にある食品会社が行った実験では、睡眠の質が低いと感じていた被験者にグリシンを摂取してもらったところ次のような効果が得られたそうです。

 

  • 比較的、早い時間で深い眠りにつくことができた
  • 熟睡できているという実感がある
  • 夜中に目が醒めることがなくなった

 

不眠で悩む方には嬉しい効果がグリシンを摂取することにより、得られましたがこれはグリシンを摂取することで、深部体温と呼ばれる体の奥の熱を放熱できたのが睡眠の質を安定させています。

 

 

人の体というものは、睡眠時にこの深部体温の熱を上手に放熱することによって脳と体をリラックスさせることが可能となるため、グリシンを摂取することで質の良い睡眠ができたというのはある意味では自然なことでもあります。

 

 

また、クロレラに含まれているトリプトファンと呼ばれるアミノ酸も不眠を解消するには欠かせない栄養素。

 

 

睡眠に必須ともいわれるアミノ酸の一種であり、グリシンよりも知名度が高い成分でもあります。

 

 

トリプトファンは、質の良い睡眠をとるには必要不可欠な睡眠ホルモン「メラトニン」の材料となる成分でもあります。

 

 

メラトニンは眠気を促したり、睡眠に直結する成分でもあるため、トリプトファンを摂取することで豊富にメラトニンを生成させてあげることが可能となるのです。

 

 

ちなみに、このメラトニンは加齢とともに脳内で分泌される量が減少していくため年齢を重ねてからは特にしっかり摂取しておきたい栄養素の一つでもあります。

 

 

ギャバ

 

ギャバは天然のアミノ酸の一つであり、主に脳や脊髄に多く含まれる成分となります。

 

 

ギャバが足りないと睡眠障害になるともいわれているほど、健康的な睡眠には欠かせない栄養素でもありますが、ギャバは「中枢神経を抑制する神経伝達物質」として1961年に医療用の医薬品にも認定、多くのサプリメントなども販売されました。

 

 

ギャバに安眠効果があるとされているのは、体の興奮を鎮めたりリラックスをもたらす働きがあるためとされています。

 

 

日々の仕事、生活で強いストレスを受けると人は神経が興奮して寝付きが悪くなるという特徴がありますが、ギャバを摂取することにより興奮状態を抑え精神を安定させることができるため、その結果安定した眠りにつくことができるようになります。

 

 

ギャバは一般的にはストレスを受けると減少、睡眠中に生成されますが不眠症の方は質の良い睡眠がなかなかできないため体内で作られるギャバも必然的に少なくなりやすいでしょう。

 

 

実際に、睡眠の質が低いと感じた方の脳を調べると健康的な睡眠をしている方と比べても30%ほど少ないことがわかっているため、毎日ストレスにさらされているという方は食事やサプリメントなどで効率よくギャバを摂取する必要があります。

 

 

ラフマエキス

 

心のビタミン」とも呼ばれるラフマエキス。

 

 

ラフマエキスはギャバとの相性が抜群とされているため、潤睡ハーブを摂取することで大きな相乗効果が得られる可能性が大きくなります。

 

 

ラフマエキスは睡眠の前に摂ることで、乱れがちな精神状態を安定させる働きが期待できます。

 

 

わかりやくいえば抗うつ剤や精神安定作用が働くため、心を穏やかにしてリラックス状態を作ることで深い睡眠効果を得ることが可能です。

 

 

ギャバなどと比較的似たような効果がありストレスや不安な精神状態が続く方にはおすすめの成分となります。

 

 

ただ、ラフマエキス単体では十分な効果を得るというのは難しいため、前述のようにギャバやその他の不眠に効果がある成分と併用しながら摂取したい栄養素です。

 

 

そのような意味では不眠解消効果が期待できる成分が豊富に配合されている潤睡ハーブは、この点もよく考えながらブレンドしている印象を受けます。

 

 

クワンソウ

 

クワンソウは沖縄に伝わる休息ハーブであり「眠り草」とも呼ばれています。

 

 

一般的に体がゆっくりと休まらない日、健康のために古くから食べられてきた歴史があります。

 

 

このクワンソウですが、琉球大学のグループがクワンソウの粉末をエサに混ぜてマウスに摂取させたところ、約1.5倍も熟睡時間が伸びたことがわかったのです。

 

 

また、大阪バイオエンス研究所や同志社大学のグループもクワンソウについてはさまざまな研究を行っていますが、クワンソウからオキシピナタニンと呼ばれるアミノ酸の一種となる成分の抽出に成功しています。

 

 

オキシピナタニンには安眠、鎮静などの効果があるとされており、マウスやラットの実験で投与してみたところ確かに質の高い睡眠効果を発揮したことが確認されたのです。

 

 

その効果は先ほども取り上げたクロレラに含まれるグリシンの約100倍ということ。

 

 

質の良い睡眠を促すために大きな効果が期待できるグリシンよりも100倍ということになりますから、潤睡ハーブは究極の安眠成分が豊富に配合されたトップクラスの睡眠サプリともいえそうですね。

 

金時しょうが

 

しょうがの王様ともいわれることがある金時しょうがも潤睡ハーブに配合されています。

 

 

金時しょうがといえば一般的には冷え性に悩む女性に大きな効果があることがわかっていますが、実は不眠症と関係している部分もあるのです。

 

 

質の良い睡眠を得るには体温調節というのは大切な要素となります。

 

 

基本的には人は睡眠時に体温が下がっていき、目覚めるにつれて体温が上昇していくというパターンです。

 

 

すなわちこのサイクルがしっかりと行われないと、寝付くまでに多くの時間を要することになりますが、冷え性で悩む方というのはこの体温調節が上手に行われないのが大きな欠点でもあります。

 

 

睡眠時はある程度の体温が保たれた状態でないと眠りにつくことが難しいため、冷え性の方はこの点でなかなか寝付けない、寝ても深い眠りにまでたどり着けないといった症状が起きやすいのです。

 

 

そのため潤睡ハーブには冷え性で不眠に悩まされているといった方のためにも金時しょうがが配合されています。

 

 

ヒハツ

 

ヒハツも冷え性を改善して質の良い睡眠を得るために配合されている成分となります。

 

 

ヒハツはコショウ科のハーブであり、中国においては古くから体を温める目的で使用されています。

 

 

冷え性の最大の原因は血液が体の末端まで上手に送られないことでもありますが、ヒハツは血行・血流の改善が見られるという効果が現代医学においても証明されているため、増え症と不眠症で同時に悩む方にも潤睡ハーブは症状改善に役立つ可能性は大きいでしょう。

 

潤睡ハーブには副作用はあるの?

 

潤睡ハーブに限らずサプリメント全般で気になるのが使用したことで副作用の症状が表れることですよね。

 

 

潤睡ハーブも確かに不眠で悩む方には効果が期待できる成分が豊富に配合されていますが、気になるのはやはり副作用。

 

 

しかし、潤睡ハーブに限っていえば目立った副作用の症状がでたという報告は現在のところはありません。

 

 

これは潤睡ハーブに記載されている原材料の成分を確認してもらうとわかると思いますが、潤睡ハーブは全て天然のハーブ成分で開発された商品となります。

 

 

医薬品に分類される睡眠薬は直接神経に作用することで眠りを促す効果がありますが、睡眠薬の場合は以下の副作用が心配されることもあります。

 

  • 依存症が強い
  • 精神的に不安定になりうつ症状が見られることもある
  • 幻覚、幻聴を感じることがある
  • 記憶障害を引き起こすことがある

 

睡眠薬にはこのほかにもさまざまな副作用があり、使用方法や使用量を間違えることで非常に大きな危険性があります。

 

 

しかし、潤睡ハーブの場合は不眠を治すのではなくあくまでも体質を改善して、その結果質の良い睡眠を得ようという目的で作られているため副作用の危険性は睡眠薬とは比較にならないぐらい低いものとなります。

 

 

また、基本的には睡眠薬との併用も可能であり、このケースでも副作用の心配はないとされているため使い勝手が良いのが潤睡ハーブの大きなメリットでもあります。

 

 

ただし、抗うつ剤なども併用している場合などどうしても心配な時は必ず担当の医師に相談するようにしましょう。

 

潤睡ハーブは効果がない?口コミを徹底検証!

 

不眠に効果があるとされる成分が豊富に含まれる潤睡ハーブですが、中には効果が実感できないという口コミもあります。

 

 

なぜ安眠効果抜群の栄養素がたっぷりと含まれている潤睡ハーブを使用しても効果がないのか?

 

 

ここでは、変化が見られないという口コミを参考に効果がない理由を解説してみたいと思います。

 

 

潤睡ハーブは1週間〜2週間では効果は実感できない

 

潤睡ハーブを飲んで変化が見られないという方の口コミを見ていると、まだ飲み始めて1週間、2週間という方が多いのが特徴です。

 

 

やはり飲み始めてすぐに効果が得られないと心配になるのは当たり前ですよね。

 

 

しかし、潤睡ハーブの場合は睡眠薬と違って栄養補助食品に分類されるため、継続することで不眠体質を改善してようやく効果を実感できるようになります。

 

 

一般的に東洋医学では体質改善にかかる時間は3ヶ月程度とされていますが、潤睡ハーブは寝付きを良くするための成分を集中的に配合しているため、最低3週間〜1ヶ月ほどでその効果を実感できるという見方です。

 

 

また、早い方では1週間で効果が得られたという方もいますが、これは体質などの個人差が大きく影響しています。

 

 

平均で見るとやはり1ヶ月〜3ヶ月ほどの長期で体質改善を狙い、不眠を改善していくパターンが多いでしょう。

 

 

飲むタイミング、飲み方にも注意して

 

前述のように潤睡ハーブは薬ではなく栄養補助食品となります。

 

 

そのため、薬と違って食前や食後に飲むといった時間帯の決まりがないのが特徴です。

 

 

しかし、潤睡ハーブを飲む時間帯も少し気を使うことで、効果が実感できる場合もあるでしょう。

 

 

効果が実感できたという方の中で特に多いのが就寝の1〜2時間前に飲んだという声です。

 

 

これはサプリメントに含まれている成分が体内に吸収、浸透するタイミングがバッチリ合っていることや安眠効果を得られる継続時間を考えた場合には最も適しているからともいわれています。

 

 

また、サプリメントの場合は基本的には水かぬるま湯で飲むことをどのメーカーも推奨しています。

 

 

ここで最も注意したいのはお茶やコーヒーなどで絶対に飲まないという点。

 

 

これらには眠気を妨げる性質があるカフェインなどが配合されているためとなります。

 

 

また、潤睡ハーブは効果が得られるまでに多少の時間を要するため、ついつい飲むのを忘れてしまったという日もあると思いますが、基本的には効果が実感できるまでは毎日飲むことを心がけましょう。

 

潤睡ハーブの摂取と同時に生活習慣の見直しも

 

潤睡ハーブを摂取することで不眠体質を改善できる可能性はアップするでしょう。

 

 

しかし、どんなに質の良いサプリメントを摂取しても日々の生活習慣のバランスが崩れていたらせっかくのサプリメント効果も感じることができなくなります。

 

 

そのため、潤睡ハーブを毎日摂取しながら生活習慣も改善して安眠できる体質を作りやすくしてあげることも大切です。

 

 

その中で特に気を使いたいのが体内時計を整えてあげること。

 

 

これは活動や休息などのリズムは体内時計によって調節されているため、規則正しい生活習慣を作ることで夜になると体と心が休息モードになり自然と眠気を感じるようになるためです。

 

 

一般的に体内時計は光が関係しており、朝に目覚めて太陽の光を浴びることで朝を感知して1日のリズムが刻まれます。

 

 

その後夜になると睡眠ホルモンが活性化されるため、ぐっすりと眠りにつくことが可能となるのです。

 

 

また、3食きっちりと食事を摂ることで体内時計のバランスも保たれるため食事にも気を使うようにするのが大事となります。

 

 

ただし、あまり遅い時間の食事は消化のために胃が活発になり睡眠を妨げる可能性もあるため夕食はできるだけ早い時間に済ませましょう。

 

 

また、就寝2〜3時間前にぬるめのお風呂に浸かることも心身をリラックスさせる効果が期待できるようになります。

 

 

潤睡ハーブと規則正しい生活習慣の相乗効果で早めの不眠体質改善を狙うことが十分可能です。ぜひ参考にしてみてください。

 

>>潤睡ハーブ【最安値】公式通販サイトはこちら<<